心電同期モニター Model 7800

Model 7800 はCT装置接続用モニターとして開発されました。

心電同期モニター Model 7800

Model 7800 は“あるべき姿”を未来に

タッチパネル式大型スクリーン

● タッチパネル採用。設定操作向上。

● 大型8.4インチ高解像度・高輝度TFTカラーLCD採用。さらに日本語表示が可能に。

 

Model 7800 で全ての患者様へ非侵襲性の心臓検査を


4極誘導

● ノイズ低減を強化

● 不整脈検知やペースメーカー検知拡大

● 肥満により傾斜化した患者様にも対応

● 皮膚・電極間インピーダンス測定
  確実な電極装着を手助けします。


乳幼児に対応

● メニュー選択により、乳幼児撮影モードが可能です。


- CTの時間分解能向上、低被曝線量化にともない、高心拍で放射線感受性の強い乳幼児にも増えてきたCT心臓撮影に対応しました。


Auto Lead Selection

● I‐II‐III誘導中最適誘導を自動選択。手動でも選択可能です。

● ECG 2誘導を同時に表示。


チャートレコーダー(オプション装備)

● ECG波形をチャート紙に記録し曝射計画等へ活用。

● DIRECT, TIMED, DELAY, XRAY各モードに対応。

  - DIRECT → PRINTボタンでスタート・ストップ

  - TIMED → PRINTボタンで30秒間印字

  - DELAY → 設定アラームの15秒前から30秒間もしくは、

        20秒前から40秒間

  - XRAY → CT側より曝射情報を受けた後20秒間


Model 3000 シリーズで追求した“あるべき姿”を継承

ECG Simulator

3000シリーズ
3000シリーズ

● 内部にECG波形発生機能を有しています。

● 1BPMステップで調整可能です。

● 次の状況に的確に対応します。

  - 保守点検時

  - 動作不具合発生解析時

  - CTとの接続確認時

  - 各種実験・研究


同期パルスの信号遅延解消

● 信号遅延を防ぐため画像診断装置へ有線方式によるECG信号を送出しています。

R波〜R波間の心臓が最も静謐な時間は短くその間に、曝射、撮像を行う上で、CTへの同期信号送出遅延は、最適タイミングを失い最終的に画像品質に影響します。


Model 7800 におけるECG信号遅延は、わずか2ms未満です。(無線方式の場合、通常30〜50ms)


P-Lock 機能(Polarity Lock)

● T波上昇による“Wトリガー”防止機能。独自のアルゴリズムにより、R波との微妙な相違を読み取り、相似のT波をキャンセルします。


ノイズ対策

● 本体、ECGケーブル、リードワイヤーにおいてCTからの電離放射線ノイズに対策を講じております。放射線透過型のリードワイヤーはアーチファクトにはなりません。


視認性・操作性

● 操作室からでも見やすいディスプレイ。特に平均心拍数を大きく表示。

● 自動初期設定。わずらわしい初期設定操作なく、ほぼそのまま使用できます。

● R波を検知し、同期信号が送出されるとECG波形上にトリガーマークが表示されます。

● 軽量なデザイン。移動や設置、保守点検時に便利です。

Model 7800 標準付属品(主要品目)

心電同期モニター ラインナップ

7800詳細ページへ
7800詳細ページへ
7600詳細ページへ
7600詳細ページへ
3000シリーズ詳細ページへ
3000シリーズ詳細ページへ